悪くないこと

私は、何故かやたらと、声をかけられる。

セールスではなくて、道を聞かれることも多々あり、

買い物していても、すてきなバックねから始まり、

どこのブランド?や、日常的な会話まで、

子供と一緒の時も多々あり、

フレンドリーに話かけられている私を見て、

知り合いなの?と聞くほど。

知らない人だけど、話かけられたと言うと、

さらに驚く。今となっては、まただ。と思っていますが。

でも、疲れ果てていた時は、辛かったですね。

ただでさえ人とのコミュニケーションが

とりにくいと感じていたので、、

それでも段々慣れてきて、ついには自ら洋服屋さんのレジで、

素敵なネイルですねなんて、さらっと言っている

自分に気がついて驚いてしまったり、

これは、慣れなのか、年を重ねて開き直ったのか?

年を重ねて開きなおれたなら、年をとるの悪くないですよね。
スポンサーサイト

自分を信じて

IMG_20150131_083312851[1]

常に私は、これ!と思ったら瞬間に

そこへ向かいます。

若いころは、そこに間違いがあっても違うなと思っても

悔いることなく、自分が選んだ道だから、いいのいいのと

思えましたが、年を重ねていくと

これ!と思った瞬間にそこへ向かうのは同じですが、

間違ったときや違うと思ったときに

反省に浸かってしまいます。

そんな簡単なもんじゃなかったと、考えてしまう自分がいます。

こうなったら、真っ暗闇のループの中から抜け出れなくなります。

でも、どうであっても自分が決めてきたことなら

いいのいいの自分で決めたこと、反省点は次への課題よ!

と胸を張って、切り替えていくことが大切なんですよね。

切り替える作業もなかなか難しいですが、

はい、このコーヒー飲んだら切り替えるよ

今日は晴れたから切り替えるよなどと

自分の中でスイッチを見つけてみてください。




Pagination

Utility